倉庫事業を支える
技術・スタッフ

時代の変化に応える、
フクタマクオリティ

3PL

効率のよさを高めるため、フクタマは早くから3PLを取り入れてきました。
在庫管理をはじめ値札付けやセットアップの軽加工など、さまざまなサービスを行えるのは、
多くの商品が揃う倉庫ならでは。企業色を活かした付加価値の高いサービスをご提供していきます。

図1

情報機能の提供

商品をお預かりした後、在庫、発注、販売管理などの情報をネットワークで管理。在庫商品の把握や売れ筋商品の傾向が目でわかり、販売促進に役立てていただけます。

物流加工の提供

ご要望に応じて、値札付けやセットアップなどの多様な軽加工を行い商品をお届けします。出荷元及び小売店での加工が不要となりコスト削減及び物流効率に貢献します。

商品管理の提供

お客様のベストパートナーとして安全を第一に考え、高品質な物流サービスをご提供し、信頼にお応えします。ノウハウを活かし製品の配置やレイアウト改善など様々なご提案をしていきます。

さまざまなメリットを生み出す、
3PLの利点。

情報の有効活用 すべての商品をーカ所に集約することによって、在庫管理が整えられ、
新たな生産プランに役立てることができます。
物流の効率化 輸配送までの作業が簡潔化となることで、より確実に、
より迅速に商品をユーザーの元にお届けすることが可能です。
物流コストの削減 商品が既に揃っているため、配送の際の取り寄せやそれに関わる通信費及び
問い合わせなどが軽減されます。
対応力の強化 部品や商品のセットアッブ、小さな部品も個数をとわずに受発注が可能となるなど
二ーズに合わせた作業を発送前に行えます。

デジタルピッキングシステム

倉庫内の作業をIT化。在庫管理・棚卸処理の作業効率を大幅アップ。

図2

入荷や受注、出荷、そして棚卸や在庫情報などといった倉庫内での業務は、従来では人の手に頼ることが多く、
そのために入力時のミスやピッキング時の誤出荷などの問題を抱えていました。デジタルピッキングシステムとは、
これらの作業 をIT化し、スピーディー・効率的かつ正確さを実現したシステムです。
商品ごとに振り分けたバーコードをハンディターミナルで読み取るだけで、ピッキング情報はもちろん、
入出庫情報などをリアルタイムで管理することを可能としました。

「物流総合効率化法」認定倉庫

中部圏で第一号認定。
効率的かつ環境に優しい倉庫へ。

地球温暖化をはじめとする、昨今の物資流通をめぐる経済的社会的事情の変化に伴い、2005年10月、非効率な輸送を解消し、環境負荷の低減を図ることを目的とした「物流総合効率化法」が国土交通省より施行されました。この施行を受けて、フクタマでは同法の要件を満たした新倉庫「御供所ロジスティクスセンター」を2005年11月に竣工、翌月12月には中部運輸局管内において第1号認定を受けました。フクタマは、これからも環境保全に配慮しつつ、より効率的で質の高い物流サ一ビスを提供できるよう、倉庫施設、輸送体制、情報システム等の一層の充実化に努めていきます。

  • ●東名・名神・名古屋高速道路小牧ICより5km以内に立地
  • ●データ交換システムを導入(荷主様と流通、管理情報システムを共有し運用)
  • ●自動搬送装置、垂直型連続搬送装置等を設置
    (エレベータ2基、オムニリフー5基)
  • ●流通加工用空間の設置(561㎡の流通加工場)
  • ●床面積3,000㎡以上を満たす(23,000㎡)

搬送物を自動的に出し入れする
「オートレーター」

在庫スペースのコンパクト化を
実現する「可動棚」

道路への汚水流出防止をする
「駐車場の溝」

「民間物資拠点」に選定

災害に強い物流システムとして、
国に認められています。

国が取り組む、「民間の施設・ノウハウを活用した、災害に強い物流システムの構築」の一環として、小牧市にある元町倉庫が民間の物資拠点施設に選定されました。国が調達した支援物資を、自治体の物資拠点や避難場所に効率的に供給するための拠点として、災害時に強い物流システムの一翼を担います。

倉庫事業を支えるスタッフ

10年、その先の物流を見据えて。
歩みを止めず、変化していける
倉庫づくりを目指しています。

電材商品や建材商品などを扱うメーカー様の、物流部門を担う倉庫においての現場管理を行っています。ここでは、在庫管理から荷役、配送まで、物流に関わる一連の業務を請け負っています。スピードを特に求められる倉庫で、無駄な在庫を抱えないよう、今日入荷された商品はその日のうちに必要な場所へと出荷するという独特のスタイルで、保管倉庫というよりは配送センターとして機能しています。業種や商品が異なれば、倉庫の機能も当然異なります。単なる請負業務ととらえず、フクタマが提供する倉庫ということを常に意識し、お客さまにとって有効的な、またニーズを満たす倉庫となるために何が必要なのかを第一に考えています。「物流」という言葉の意味のように、それを扱う我々も歩みを止めることなく、常に前進しなければいけないと思っています。10年先、そしてその先を見据えながら、変化し続けていける倉庫であるよう、前向きに挑戦していきたいです。

お客さまに必要とされる、倉庫であるために。

お客さまに必要とされる、倉庫であるために。

荷主さまと消費者の皆さまをつなぐ、
橋渡し的な役割としていかに機能させるか。
それが私たちの使命です。

私たちの仕事は荷主さまからの依頼があってこそ、はじめて成り立つものです。物流とは、荷主さまと消費者の皆さまをつなぐ、橋渡し的な役割で、「早く、安全に、そして良品な」商品をお届けするため、いかに物流倉庫として機能させるかが私たちの使命と考えます。そのために、情報の流れを効率よくするためにどのようなシステムを入れるか、人の手でしかこなせない様々な加工作業の部分を少数精鋭のメンバーでいかにこなすか、この2つを常に念頭において取り組んでいます。
目標は常に高く。問題が発生した際は、スタッフや協力会社、そして荷主さまの皆さんを交えながら、営業所全体の舵取り役として原因をきちんと解明し、一層の改善をはかりながら、より荷主さまの意向に応えていける倉庫でありたいと考えています。

物流は、常に先を見据えながら、
変化し続けなくてはならない。

より速く、より正確に、より安全に。
現場全体の作業改善・改革に向け、
自覚と責任を持って取り組んでいます。

倉庫で発着する荷物の積み込みや取りおろしなどをリフトで行う荷役業務を勤めながら、ロケーション管理をはじめとする現場管理業務を行っています。
荷役業務で必要とされること。それは、商品内容を瞬時に判断し、効率的かつ安全に積み上げていく技術です。現場管理も同様、効率的かつ安全な作業であるために的確な判断力と調整能力が重要と考えています。フクタマでは「Speedy(速く)」「Surely(正確に)」「Safety(安全に)」という『3S』をモットーにしています。より速く、より正確に、そしてより安全な作業を。そうすることで、結果現場全体での作業改善・改革につながると思っています。現場管理という自覚と責任を持って、最適な現場づくりに日々励みたいと思います。

目標は常に高く、
荷主さまの意向を大切に。

【メールでのお問い合わせ】

福玉グループに関するお問い合わせは、
下記のEメールアドレスよりご質問ください。

webmas@fukutama.co.jp

【電話でのお問い合わせ】

福玉グループに関するお問い合わせは、
下記窓口にお問い合わせください。

0568-42-0771

(倉庫事業営業部)

福玉製品に関するお問い合わせは、
下記窓口にお問い合わせください。

0587-56-2148

(精穀事業営業課)

採用に関するお問い合わせは、
下記窓口にお問い合わせください。

0587-95-3121

(本社総務課)

【電話でのお問い合わせ】

福玉グループに関するお問い合わせは、
下記窓口にお問い合わせください。

0568-42-0771

(倉庫事業営業部)

福玉製品に関するお問い合わせは、
下記窓口にお問い合わせください。

0587-56-2148

(精穀事業営業課)

採用に関するお問い合わせは、
下記窓口にお問い合わせください。

0587-95-3121

(本社総務課)

【メールでのお問い合わせ】

福玉グループに関するお問い合わせは、
下記のEメールアドレスよりご質問ください。

webmas@fukutama.co.jp