福玉ロゴ
 

報恩感謝を旨とし、熱と努力と誠意を実践する。

140年の長い歴史は先人たちの熱い想い、お客様の厚い信頼、そして、地域の皆様の温かいご支援の歴史でもあります。報恩感謝の気持ちを持ち続け、この歴史を次世代につないでいくことで事業を継続・発展させ、次の時代へと挑戦していきます。

五条川の植樹活動

家業を育んでくれた母なる川に感謝の想いをこめて。桜の名所「五条川」のはじまり


肥沃な濃尾平野を貫いて伊勢湾へと向かう五条川の流れ。この水力を利用して穀物を加工しようと、五条川のほとりに建てた小さな水車を回したのがフクタマの歴史の始まりでした。母なる川と言える五条川に対し、故・社本鋭郎がせめてもの恩返しをしたいという想いから、桜の植樹活動を行いました。そして現在、大口町、江南市、岩倉市の川岸では、およそ3,500本もの桜並木が連なり、財団法人日本さくらの会選定「桜の名所百選」にも選定されるほどの名所となりました。地域の皆さまの憩いの場所として親しまれています。
五条川のイメージ

社訓の実践と人材の育成

先人の精神を受け継ぎ、次世代に繋げます。"熱と努力と誠意研究会"


「報恩感謝」の理念、社訓「熱と努力と誠意」をすべての社員により浸透させ、それを実践するため、幹部社員を中心にあらためてわが社の歴史、先人の精神を学ぶ研究会を立ち上げました。 社誌を読み返し、記録ビデオを視聴、議論を重ねるなど、福玉の礎を再認識するとともに、理念、社訓を若手社員にも解りやすく解説し、また、その実践のための心構えとする「社員心得」を協議、作成しました。
五条川

社訓・社員心得

次世代の人材育成


外部講師を招き、若手から管理職まで各階層に応じた経営革新力開発研修、中堅社員研修、執務社員研修を計画的に実施しています。自修自得を基本とし、グループワーク、プレゼンテーション等を通じた社員のスキルアップ、指導者の育成を図っています。また、お客様ごとに適切なサービスを常に提供できるよう、クライアント主催の研修等にも参加し、さらなる技術向上を目指しています。
このページの先頭へ

Pickup Contents

Fukutama Group