会社情報 母なる川とともに、さらなる大海を目指して。

沿革

1874 明治7
社本九平が水車によって精米、精麦、製粉、製麺業を開業。
1924 大正13
動力源を水車の他、電気に比重を変え増強。
1934 昭和9
精穀設備を最新式のオートメーション(米山式)として新しく増設。
1940 昭和15
旧来の水車設備を全廃して電動式に合理化。
1948 昭和23
福玉精麦株式会社設立。
1951 昭和26
名古屋市中川区運河通2-8に倉庫を建設し倉庫業を開業、
名古屋営業所を開設。社名を福玉精麦倉庫株式会社と改める。
1957 昭和32
福玉米粒麦の製造開始。福玉米粒麦株式会社を設立。
1959 昭和34
ビタフク(ビタバレー)が厚生省特殊栄養食品として許可を受ける。
1962 昭和37
米穀の他用途向き加工を開始。
社名を福玉精穀倉庫株式会社に変更(9月)。
1963 昭和38
全国穀類飼料工業協同組合の加工工場の指定を受ける。
1965 昭和40
第1回優良申告法人の表敬を受け現在に至る。
1968 昭和43
岩倉市八剱町に倉庫を建設、岩倉営業所を開設。
1970 昭和45
名古屋市熱田区に熱田営業所を開設。
1975 昭和50
小牧トラックターミナルに倉庫を建設、ターミナル営業所を開設。
ビタフク販売株式会社を設立、精穀部販売部を分離独立。
有限会社大口荷役設立、荷役部門を分離独立。
1977 昭和52
名港西4区に倉庫建設、名港営業所開設。
1980 昭和55
小牧市村中に倉庫建設。金沢営業所開設。
1986 昭和61
小牧市に三ツ渕倉庫建設。
1988 昭和63
岩倉営業所の倉庫増築。
1990 平成2
小牧市に村中倉庫建設。
1992 平成4
一宮市に千秋倉庫建設。
1993 平成5
小牧市に横内倉庫建設。
1994 平成6
新社屋完成。
1995 平成7
名古屋市中川区に広川倉庫建設。
1997 平成9
丹羽郡大口町に新矢戸川倉庫建設。
1999 平成11
長野県長野市に長野倉庫建設。
2000 平成12
矢戸川倉庫増築。
2001 平成13
本社工場・焙煎及び包装工場建設。
2002 平成14
本社第二工場建設。三ツ渕西倉庫建設。
2004 平成16
江南包装工場増築。
2005 平成17
大口町に御供所ロジスティクスセンター建設。
2006 平成18
有限会社大口荷役を福玉ロジスティクス株式会社に改称。
2007 平成19
名古屋市中川区に堀留倉庫、広川倉庫建設。
2009 平成21
本社包装工場増設。
2010 平成22
三ツ渕西倉庫増設し、三ツ渕西営業所を開設。
小牧市にターミナル東倉庫開設。津出張所開設
2011 平成23
小牧市に横内営業所を開設。
2012 平成24
岩倉市八釼町に店舗所有。
2013 平成25
本社に修学館を開設。春日井センターを開設
瀬戸出張所を開設。四条畷市に近畿センターを開設。
2014 平成26
創業140年記念式典を開催。
2015 平成27
小牧市文津に文津倉庫建設。
2016 平成28
小牧市入鹿出新田に入鹿倉庫建設
このページの先頭へ

Pickup Contents

Fukutama Group